不動産の日本経済への影響

不動産の日本経済への影響

不動産業の生産額は、2007年の統計で61兆円にのぼっています(内閣府調査)。

これは、不動産業が国内総生産の12%を占めることを表しています。景気は落ち込んでいますが、その中でも企業や個人はビルや住宅を借りたり建てたりする必要があるため、不動産業界はほかの産業の業界と比べて落ち込みが小さいということができるわけです。

ただし、09年のリーマンショックによる世界的な経済危機を受けて、その後は住宅ローンなど、不動産への減税措置が大幅に拡充されました。それであってもなかなか効果が上がらなかったため、住宅金融支援機構による住宅ローン拡充策などが打ち出されています。また震災を受けての措置もありました。不動産業界は経済環境などによる影響をより受けやすいともいえます。

 

不動産の選び方

不動産を選ぶ際に注意することは、金額もそうですが環境も非常に大事だと思います。立地条件はもちろん良いにこしたことはありません。駅が近い、コンビニが近い、レストランが近いなど人の集まるような場所もあれば、山の中のような静かな場所もあります。どちらにも良いところがあるので使用の用途によって選べば良いと思います。

賃貸マンションなら駅が書く便利な都市部を選ぶでしょうし、小説家や陶芸家など世間と少し離れて仕事をしたい人は郊外を選ぶでしょう。自分で使うだけでなく他人に貸す場合のことも考えるので、やはり計画を立てたうえで使用用途に合わせて環境を重視することが重要です。

 

不動産を手に入れたければ、一度見学をおすすめします。思いもよらない環境が周りにあるかもしれませんよ。

 

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。

さくらエステート

■マンション検索
       
       
       
       
       

 

Calendar