不動産の賃貸借契約と宅建主任者

不動産の賃貸借契約と宅建主任者

不動産の賃貸借契約と宅建主任者

不動産の賃貸借契約をするにあたって、その契約を締結するのは、誰でもいいというわけではありません。不動産を借りる人を守るために、きちんとしたルールがあるのです。というのは、不動産の賃貸借契約を締結するにあたっては、基本的には、宅建主任者が必要になります。

宅建主任者になるためには、まず、不動産業でも有名な、宅建の試験を受けて合格する必要があります。さらに、その合格に加えて、不動産の実務経験を積んでいる必要があります。この実務経験は、そのかわりに定めれられた講習を受けることでも免除されますが、基本的には、不動産業の経験と同等の知識があることが前提になります。

このように、不動産の賃貸借契約というのは、きちんとした制度のもとに行われるものになっています。

 

不動産の仕事 マンションの管理

不動産で働く、というと、マンションやアパートの賃貸や売買をやる、いわゆる不動産屋さんをイメージする人が多いでしょう。しかし、実際にはそれだけではありません。不動産にまつわる仕事というのは、思う以上にたくさんあります。

不動産の管理をする、というのも、不動産にまつわる仕事のひとつです。よく、マンションなどでは、管理人さんが受付にいるようなマンションもあるでしょう。そういったマンションの管理というのもひとつです。以前は、マンションの管理人さんというと、普通のおじさんのようなイメージでしたが、最近の分譲マンションなどでは、プロの管理会社からの派遣で、管理をしている場合というのが多いようで、複雑な案件にも対応してくれるようになっています。

       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar