不動産賃貸借の際の豆知識

不動産賃貸借の際の豆知識

大学生の一人暮らしや、新社会人の一人暮らしなど、新たに不動産賃貸借を始めて生活をスタートさせる人が多い時期に近づいてきました。そこで、今回は不動産賃貸借の際に知っておくと便利な豆知識を御紹介します。

みなさんは、敷金という言葉を聞いたことがあるでしょうか。法律上、賃貸人が将来の損害賠償金などを担保するために、契約締結時に賃借人から支払って貰う金銭のことを指しますが、この敷金とは、実は賃貸借契約が終了した際に返還してもらえるものなのです。より正確に言うと、不動産を使用していた際に生じた汚れや破損の修繕費や、立退き日をこえて不動産に居座ってしまった場合の不当利得分などを控除した金額を、返還してもらえるものなのです。ところが、不動産の大家の中には、こうした返還を行わない者も多いので、注意が必要です。不動産を借りる際は、話を聞いてみると良いでしょう。

 

不動産の空室対策をアウトソーシング

不動産オーナーが頭を悩ませる大きなものが、不動産の空室です。空室が長く続いてしまうと、収益という点でも大変なマイナスですし、ビルの印象も悪くなります。そうなると、不動産としての価値もどんどん落ちてしまうでしょう。できるだけ早く、空室を埋めたいと思うのが、不動産オーナーの切実な思いとなります。

こういったときに不動産オーナーが取る対策の一つとして、リーシングのアウトソーシングというのがあります。リーシングというのは、テナントに対して不動産の情報を広めて、テナントの誘致をはかることです。こういったリーシングのアウトソーシングは、費用もかかりますが、その効果を考えて、空室対策として、アウトソーシングを考える不動産オーナーも増えているようです。

 

       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar