任意売却を行う場合の自己破産について

任意売却を行う場合の自己破産について

任意売却を行うような場合には、自己破産を行う必要があるのでしょうか?

任意売却を行うような場合には、方法の一つとして自己破産ということを想定しておきましょう。

任意売却を行っても、必ずしも自己破産が必要であるというようなものではありません。

任意売却を行って債務が残ったような場合は、債権者はほとんど分割で支払いを行うことに対応してくれます。

しかしながら、たまに、債権者の要求がきつい場合には、一括での返済を要求し、もし話がまとまらない場合には給料を差し押さえするようなことも行います。

それ以外に、いろいろな金融会社などの債務があるような場合には、任意売却より自己破産を行った方が、新しく生活を始めるためには有利になることがあるのではないでしょうか。

任意売却を行った後の残った債務

任意売却を行った後の残った債務についてご紹介しましょう。

任意売却を行った場合、残った債務を債権者へずっと払っていくことが必要です。

しかしながら、交渉を上手く行うと、返済する金額を少なくすることもできます。

任意売却を行う業者のなかには、この残った債務について交渉をしないようなこともあります。

しかしながら、いい業者というのは依頼する人にメリットがあるように交渉を行います。

任意売却を行う過程において、ほとんどは専門の任意売却の業者が債権者と話をして決めます。

任意売却を行うと残った債務は担保なしの借入金になります。

そのため、毎月の返済する金額は、現在の給料などをよく検討した上で容易に返済が行える金額となります。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar