任意売却の手続の流れ

任意売却の手続の流れ

任意売却というものは実が債権を回収する側からも求められるものになります。

債権を回収する側としても、任意売却のほうが大きな金額を回収できる可能性もありますので注目に値します。
ちなみに住宅金融支援機構のローンを6カ月延滞しますと債権の回収を債権回収会社へ任せるようになります。

その任意売却の手続の流れというものが届きます。

その申請書を出せば任意売却が認められまして、スムーズに売却することができるようになります。

 

しかし、その申請書について放置してしまう方もいます。

仮に任意売却の申請書を放置してしまいますと、その申請書は期日が設けられているわけです。

期日を超えると任意売却はしないものだと思って競売の手続きに入ります。

競売は任意売却よりも不利な金額で売却することになりますので、注意をして対応しなければいけません。

 

任意売却に関する申出書への対応方法

住宅ローンの返済ができないとサービサーといわれる債権回収会社からある書類が届きます。

いわゆる、任意売却に関する申出書というものです。

申出書を提出することで任意整理をする事を選択したと債権回収会社に知らせることができます。

 

その任意売却に関する申出書ですが、いろいろと注目する部分があります。

まずは、書類が届いたら早急に任意売却のできる業者を探すことです。

任意売却を取り扱っている業者はいくつかありますが、その中でも良いと思えるところを探して利用しましょう。

 

そして任意売却をする業者が決まりましたら、申出書にその仲介業者の印鑑をもらって提出することになります。

以上で一定期間猶予がいただけます。

約6カ月間です。

その期間を利用して任意売却を成功させなければいけません。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar