任意売却はどのようなものでしょうか

任意売却はどのようなものでしょうか

住宅ローンを滞納し続けてしまうと、債権については金融機関は期限の利益喪失をしたことになります。

基本的に住宅ローンは、保証会社が補償していることになりますので、そちらにローンの返済が求められるわけです。

そして債権が保証会社に移行しまして、保証会社が住宅ローンについて対応することになります。

 

そのようの補償会社が住宅ローン返済について対応するようになりましたら、代位弁済通知というものが届きます。

それが届いた時に任意売却をする事を計画されてください。

もしもその時点で計画されなければ、結果的に競売という道しかなくなってしまいます。

通知が届いた時点で任意売却を選択すれば間に合います。

選択によっては任意売却のメリットを活かして再建をすることができるわけです。

任意売却は、正当に認められた権利であることも確かです。

任意売却を行って住宅ローンを綺麗に解決しましょう。

 

夢のマイホーム、任意売却

 マイホームは結婚し、家庭を築いた者の一番の夢ですが、貯金や夫の収入など、安定した条件がないとなかなか踏み出せない一歩でもあります。

 無理をして、マイホームを築いても、夫の失業などで任意売却の憂き目となることもこのご時勢では大いにありうる。家族の思いのこもったマイホームが任意売却となることは実に切ないです。住宅ローンを組むとき、信頼関係を築いたと思っていた銀行から、任意売却の通知を受け取ることとなるとは夢にも思わないでしょう。

 リーマンショック以降、なかなか不況から立ち直れない日本。マイホームを購入するときは任意売却もあり得るかもしれないという覚悟が必要です。

 たとえ任意売却となっても、そこから立ち直る底力もメンタル的に備えておくことが大切です。

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar