任意売却のメリットについて

任意売却のメリットについて

任意売却のメリットについて考えてみましょう。まず任意売却をおこなうと、より市場価格に近い価格設定で売りに出すことができます。競売よりは高い売却額になります。ですから、任意売却後に残った残債務が少なくなりますので、以降の返済が楽になるでしょう。また任意売却は債権者側にもメリットがあります。任意売却の方が競売に比べ、債権者に返済する額が上がります。ですから任意売却は債務者と債権者双方が得をすると言えます。またその他の滞納分がもしあれば、任意売却額より相殺されますので、何か所有物を手放すこともありません。また任意売却も普通の不動産売却と同じですので、売主側の気持ちの整理もつきますし、ご近所に知られることもないでしょう。

 

任意売却での引越しの交渉について

任意売却では引越しで、ある程度こちらの都合を考慮してもらえます。
ただ、注意しておくべきは、引越しの時期の交渉相手と、引越し費用の交渉相手は違うということです。任意売却後の引越し費用については、債権者と交渉することになります。

債権者からOKが出れば、任意売却時の売却利益の一部を受け取って、それを引越し費用とすることができます。

債権者としても早く債権回収したいという思いはありますが、任意売却を成立させたいという思いもあるので、ある程度、有利に交渉できます。

 

引越し時期については、債権者ではなく、任意売却の買主と交渉することになります。

この交渉については、買主の希望と、こちらの希望がマッチすれば問題ないですが、希望がずれた場合は任意売却を成立させるために、多少、買主に譲歩する方が安全でしょう。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar